2005年12月17日土曜日

整備

車高計測、WP Rサス取り外し、ノーマルRサス取付。

イニシャル計測。
目標 
F: 35~45mm/130mmストローク
R: 22~27mm/110mmストローク
計測値
F: 30.0mm → 40.0mmに設定しなおし。イニシャル1目盛目より1.0回転抜き。
R: 25.0mm (イニシャル14mm: 標準11mm)

0G車高比較
- 取り付けボルト間距離 WP: 311mm、ノーマル: 315mm (目測概算値)
- センタースタンド時、地面→後輪の距離 WP: 65mm、ノーマル(1ノッチ目): 40mm、ノーマル(7ノッチ目):45mm ⇒ サス長が4mm違うと、20mm車高が変わる。(1:5)

検討
プリロードを目いっぱいかけた (0G相当の) R車高にする。
→ 1Gで25mm沈むので、25mmをキャンセル → サス長+5mm
150/60扁平のタイヤを履いた時に、この車高を得る。
→ 10mm車高ダウンをキャンセル → サス長+2mm

従って、7mmアップ。センタースタンドは十分立つ。(地面→後輪距離 30mm)
1Gをもう5mm縮ませたいので、サス長+1mm。合計8mmアップの319mmで仕様変更を発注。

0 件のコメント:

コメントを投稿